東工大化学計算演習

東工大の計算問題を用いて「結果を先取りする」訓練を行います。


(問題例;東工大)分子式CmHnOで表される環構造をもたない不飽和
アルコールAがある。8.60gのアルコールAを完全に燃焼させるには、
0.860molの酸素が必要であった。また、8.60gのアルコールAを
臭素と反応させたところ、すべての不飽和結合に臭素が付加し、
21.40gの生成物が得られた。mとnの値はそれぞれいくらか。


方程式を作って解くと、20分くらいかかるでしょう。でも実際には
2〜3分で片付けたいんですよね。入試はシビアな勝負です。
ちょっとしたことで決まってしまいます。普遍的であり、なおかつ
スピーディな解法を身につけることは非常に大切です。

東工大の入試では結果のみを答えますが、実は「途中の過程を
要求する問題」にも有用です。結果が見えていなければ、
途中経過なんか不安で書いていられません。結果をいち早く掌握
しているからこそ、途中経過を示しながら答案が書けるわけです


第1回配信 有機化学 全13問;約150分;\5,250-※
      10配信以上(科目は問いません)受講されている方は\4,620-です。
      20配信以上(科目は問いません)受講されている方は\3,990-です。
         (※入会金の納付額が\21,000-に達していない方は、
           別途入会金(分割で¥2,100-)がかかります。)



第2回配信 理論化学、無機化学 全12問;約110分授業料\3,990-※
      10配信以上(科目は問いません)受講されている方は\3,570-です。
      20配信以上(科目は問いません)受講されている方は\3,150-です。
         (※入会金の納付額が\21,000-に達していない方は、
           別途入会金(分割で¥2,100-)がかかります。)



※必ず「第1回配信」からお申し込み下さい。
途中の回のみのお申し込みはできません。


お申込について






トップへ
トップへ
戻る
戻る